12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01

紳士の黄昏

NO NO WAR!!

フリーエリア
go page top

 

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2009.05.06/Wed  03:49:34

 
09年4月自作の振り返り  
 

大して需要ないかもですが恒例の自作振り返りです。
長いので格納。
09年4月は以下1作品のみでした。



No.01

付いたタグ:
 巡音ルカ
 この発想はあった
 哲学
 乗馬マシンシリーズ
 超越者向け
 発想の不法投棄
 芋ワ
 合法全裸
 こっち見ろ
 発想の勝利
 Voc@loidM@ster
 誤算家
 猫よりまず服をかぶれ
ランキング:
 日刊VOCALOIDランキング 2009年4月18日 #433 4位
 日刊アイマス初動ランキング(全自動) 09年4月19日 11位
 日刊VOCALOIDランキング増刊号もどき#15 2009年4月14日~4月21日 25位
 週刊アイドルマスターランキング 09年4月第4週 32位
 【アイドルマスター】Voc@loidM@sterランキング Vol.3【VOCALOID】 19位
制作期間:
 5日(構想3日・作業2日)

まずVoc@loidM@ster祭り2に出ようと思い立ち、選曲から始めました。
下記を基準として色々聞いていってます。
 ・今までアイマスMADとして未使用
 ・ニコマス民に紹介したい
 ・ティンときた!
候補としてはトラボルタPの『トエト』とアゴアニキPの『ダブルラリアット』が上がりましたが、取り掛かった時期が祭りの約一週間前でちょっと3Dやるにはきつそうだったので、2Dの静止画でやるということになると『トエト』だよな、という感じで決めました。

今回の祭りではアゴアニキP作品の派生はありましたが『ダブルラリアット』の派生は確か無かったと思うので、やっとけばおいしかったかもしれません(ぉ
今回『トエト』派生が私のを含めて6作あったのですが、これについてはエントリの最後でまた触れます。

曲を決めた後、構想(つまりコンテ)を練りました。
自作でコンテ切ったのは今回が初めてです。
というのも、オリジナルをリスペクトするのは当然としてもコピーするのはいただけないという考えによります。
所詮派生作品なので○番煎じであることに変わりは無い、ならばそのまま構成をコピーするのではなく少しでもオリジナリティを出したかった。
また私の場合人を感動させるより笑わせる方向に作品を作ろうとしてしまう傾向がありますので、その意味でまんまコピーじゃ笑い取れないよなぁという面もありました。

コンテを練るにあたり、前提となったのが今回素材として使用させて頂いた『ののワさんフリー』の配布素材です。
この中にあるののワさん素材のみで全てを表現する必要がありましたので、各シーンにどの素材を使うか、またどのような動きをさせるか、この2点についてコンテを書き起こしていっています。

コンテは大雑把でしかも手書きなのでここにうpはしませんというか出来ません。(スキャナ持ってない)
おおまかにはラフと文章のセットで、文章欄に各素材の使用するファイル名と動かし方(どの方向に動かす等)が書いてあるだけです。
また演出の大部分をメモで書いていっています。例えば角が頭に刺さるのとか分身してうにうにOUTしていくのとか。

コンテを作り終わった後で問題となったのが雲と帽子です。
どちらも『トエト』派生としては外せない要素だったので色々悩み、
 雲:芋ワ
 帽子:春香山
で行くかと考えて素材探し開始。

芋ワさんはpixivのコチラの絵をお借りし、周りの背景を地味な作業で消して作りました。
(このURL、動画の作者コメにも貼ってませんすいませんorz)

春香山については良さそうなものが見つからなかったので諦め、二本角の生えたののワ帽を自作しました。
じっくり見なくても、あの帽子だけクオリティが明らかに低レベルなのはそのせいです。しかも拡大すると更に粗が目立つ為、ほとんど被らせていないという始末orz
「被ってない」という動画コメントがありましたが、あれは演出の意図とクオリティの事情との両面でそうせざるを得なかった、ということですね。
画力が星井です…

その他のもの(地平線etc)はオリジナルを真似て作りました。
音素材については、祭りのコンセプトから鑑みても全く加工編集しない形で行くと最初から決めていたので、原曲そのままです。

素材が揃った所で実際の作業に入っていくわけですが、今回の使用ソフトは下記です。
 <画像素材加工>
  GIMP2
 <各シーン制作>
  NiVE
 <映像・音声の合成>
  VideoStudio9
 <H.264エンコード>
  図書館セット
要するに全てフリーソフトです。お金掛かってませんね!!

今回はNiVEでの作業がほとんどでした。
素材配置→フレーム設定→効果(フェード・移動等)の繰り返しですね。
効果を付けていく過程でコンテとは変えた部分もあります。実際にプレビューしてみると「ここはこうした方が…」というのが出てきてしまい、色々試行錯誤しながらの作業でした。

動画コメにて「芋ワがカクカクしててきめぇw」というものがありましたが、あれは本来意図した動きではありません。
オリジナルの雲のようにスムーズな動きにしたかったんですが、どうも動かす時間と距離によってカクカクになってしまうようでして、事前にわかってはいたんですが調整が間に合わずそのままうpというのが実情です。
あれに関しては技術面での反省が残る一方、思わぬ形で笑い所になったので少々複雑な気分です。

進行状況的にうpは祭り初日(4/17)の帰宅後、つまり夜になるかなぁと予想していたんですが、意外に早く出来たので朝うpして会社に行きましたw
結果的にはそれが成功だったのかもしれません。

タグについては投稿時以降は特に(タグロックも含めて)何もしていません。
色々なタグがつくもんだなぁとニヨニヨしながら変わっていくのを見てましたw
「合法全裸」は言いえて妙、というか全裸になって何がわr(ry

現在の再生数・コメント数・マイリスト登録数を考えるとちょっと信じてもらえないかもしれませんが、今回の『トエト』派生についてこんなに伸びるとは全く思っていませんでした。
もちろん数というのは作者のモチベーションを構成する大きな要素なので、あって嬉しいに越したことは無いんですけども。
「タイトルに釣られて」「サムネに釣られて」というコメントがありましたが、あれは逆に言うと"伸びないだろう"と思ったからこそです。
『トエト』でののワさん→『ノワノ』というのはすぐ思いついたんですが、それだけじゃ何の曲なのか良くわからないので頭に【トエト】という冠をつけてみたり、サムネにしても態々ののワさんのどアップにしてみたり。
ターゲットはニコマス民なんだけど、オリジナルを良く知っているボカロ民に注目してもらうことで逆にニコマス民に気づいてもらえたら良いな、とか色々考えて仕込みました。
狡猾ですねーこんなん書いていいのかしら~^^;;

確か毎時ランキングには翌日(4/18)の朝方まで残っていたと思います。
目を覚ましてまだランキングに踏みとどまっていた時には流石に目を疑いました。
当日で7,000強、翌日正午頃に10,000再生到達したと記憶しています。
その後も祭り終了までそれなりに伸び、終了時には14,000ちょい位だったかな?
ともかくあまりの伸びに「え?え?」とずっと呟いていました。

一方こちらの記事で触れたように、今回は『トエト』派生がオリジナル音源使用4作品、歌ってみた2作品で計6作という、この手の祭りでも前例の無い被り方になりました。
その内歌ってみたの2作品についてはあおみPの『ユキポ』がベースなので置いておきますが、4作とは…
しかも他3作については
 ももにくP:作者コメントにて「ノワノに先越されたので」
 マンタP:ブログにて「ノワノがきっかけで」
 あおみP:とある経緯で「ノワノを見てから作りはじめた」と耳にする
ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ アワワアワワ
どういうことなの…という心境ですよ!
自分の意図してなかった「動画作者」側に多少なりとも影響を及ぼしてしまったらしく、完全に予想外で嬉しい悲鳴ですギャー!!
数という点では既に『ユキポ』に完全に追い越されてしまっていますが、『トエト』×アイマスの先駆者になれたことはこっそり誇りたいと思います。

ランキングについては上記の通りです。
ニコニコ公式では4/18付デイリー総合で82位、デイリーエンターテインメントカテゴリで9位でした。
ありがとうございました。
ただ残念なのは、週マスが激戦週で足切りに遭う形で本編に登場出来なかったことですね。
巡り合わせなので仕方ないとは思っています。
週マスに「ノワノが入らないなんて」というの動画コメを見つけた時は涙腺やばかったです。
見てくれてる人がいるんだなぁ、と改めて思った次第です。

最後になりますが、この動画は選曲の箇所で触れたように、「ボカロの名曲をニコマス民に聞いて欲しい」という意図で作りました。
私の作品自体はネタオンリーですのでかなりオリジナルの『トエト』の雰囲気をぶち壊している感があり、作曲者のトラボルタPやこの曲を愛するボカロ民に色々ご迷惑をお掛けしているように思いますが、それでも結果的には『トエト』という名曲を広く知ってもらえたのではないかと自負しています。
その意味では、作って良かったなという気持ちでいっぱいです。



5月は既に1本うp済みで、あと1~2本上げると思います。
category: 自作
thread: 雑記
janre: 日記
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。