08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

紳士の黄昏

NO NO WAR!!

フリーエリア
go page top

 

--.--.--/--  --:--:--

 
スポンサーサイト 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB: --  |  COM: --
go page top

 

2010.03.03/Wed  07:20:44

 
10年2月の振り返り 
 

今月なんであんなに上げられたんだろう…
自分でもびっくりな3作について解説をば。
いつも通り長いので以下格納。
と言ってもほぼ月末ラッシュな感じでしたが。




付いたタグ:
 MMDM@ster
 サムネ詐欺
 熊猫春香
 アイドルモンスター
 いつものキミが良かった
製作期間:
 1日
ランキング:
 無し

<スペック>  
 解像度:640x480(4:3)
 ビットレート:1.0Mbps(映像872kbps/音声128kbps)
 圧縮形式:UT Codec RGB→H.264

<使用素材>
 (モーション)
  【MikuMikuDance】みどー風にDo-dai踊ってもらった【初音ミク】
 (モデル)
  ホメ春香[マシシP:Homeマシシ]
 (アクセサリー)
  パンダヘッド:fazz氏より
 (ステージ)
  けいおん!音楽室[アヒルP:【MMD】恋するけいおん!リハーサル風景]
 (サムネ用画像)
  バラエティアニマル春香:zoome
  背景:モリモリソザイ

<使用ソフト>
 MikuMikuDance(ver2):モーション抽出
 MikuMikuDance(ver7):本編映像書き出し
 GIMP2:サムネ用画像編集
 VideoStudio9:本編映像とサムネ用画像の結合
 つんでれんこ:H.264形式コンバート

製作経緯:
これを見る→「パンダヘッド星井」とTwitterでPOST→パンダヘッド貰う
→貰ったからには使わないと…→何か一発ネタを→パンダと言えば
バラエティアニマル→釣りサムネにするか
うん、だいたいあってる。

MMD作業について:
一人しかダンスしないし狭い場所の方がいいかなということで『けいおん!』
でお馴染みの音楽室セットをチョイス。
ダンスモーションは初期MMD時代のファイルで提供されていたので最新Ver
では開くことが出来ず、わざわざVer2をDLして一旦そちらで開き、モーション
のみ書き出すという回りくどいことをしました。
ダンスのチョイスは低いことに定評のあるみどー氏の動きをトレースした
Do-dai?で、主にホメ春香さんの無駄なパンチラを狙っています。

サムネ画像について:
釣りサムネ用に春香さんのバラエティアニマル衣装での映像を求めてzoomeへ。
BB素材集の中からかわいらしいのを選んでPrintScreenで保存し、BB部を
透過させてモリモリソザイからお借りした背景画像と重ねて上下に黒帯
付ければはい完成~
釣りサムネが可愛すぎてしばらく2828してました。

振り返ってみて:
釣りサムネのこうかはばつぐんだ!
結構な数の方が釣られたようで本当に申し訳ないw
今回ホメ春香モデル初使用だったわけですが、コメで「動きが人間離れ
してない」とか言われてもあれは作った人たちの頭が(ry

カメラの動きは、アイマスノーマルPVになるべく近い感じにトレース
を試みたんですが、酔わない程度にモデルの動きに同期してカメラの
焦点を移動させるようなことをやっていて色々勉強になりました。




付いたタグ:
 アイドルマスターDS
 ゴシックプリンセス(仮)
 MMDm@ster
製作期間:
 1日
ランキング:
 日刊アイマス初動ランキング(全自動) 10年2月23日 第20位

<スペック>  
 解像度:960x540(16:9)
 ビットレート:1.2Mbps(映像1072kbps/音声128kbps)
 圧縮形式:UT Codec RGB→H.264

<使用素材>
 (モーション)
  【MMD】プリコグ 鏡音リン 【アイマスDS 】
 (モデル)
  アイマスっぽい感じに挑戦してみた セルフシャドウテスト(狡猾全裸富竹P)
 (ステージ)
  monotonehall[万年寝不足-別館]
 (プリコグロゴ)
  『THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 01 プリコグ』より
 (背景画像)
  モリモリソザイ

<使用ソフト>
 MikuMikuDance:本編映像書き出し
 GIMP2:サムネ用画像編集
 VideoStudio9:本編映像とサムネ用画像の結合
 つんでれんこ:H.264形式コンバート

製作経緯:
上のDo-dai?を作ったし今月はもういいかなと思ってたんですが、偶々
今回のモーションをお借りした動画が上がっているのを発見してしまい、
「アイマスのダンスをアイマスキャラに踊らせたい」というひらめき
を感じて急遽着手しました。

MMD作業について:
DSのキャラの(まともな)モデルは現状涼と夢子しか無いので2択だった
んですが、DSで涼のダンスは見られるし夢子で行こうということで、
モデルは狡猾全裸富竹P作の頭身調整後Verを使っています。
『ゴシックプリンセス(仮)』というタグが付きましたが、モデル名称
としては『アナザーカジュアル』だそうです。

カメラワークはかなり適当です。よく見れば音楽にあまり合わせず
シーン切り替えが行われているのがわかると思います。
また腕の捻れについては元モーションの時からなっていた現象を
未調整のまま映像出力してしまったので、言い訳の余地はありません。

サムネ画像について:
MMDの作業よりは時間掛けたと思います。
CDジャケットからプリコグのロゴを切り抜く作業をそれなりに
丁寧にやりました。
抜いたロゴとMMDから出力した夢子のアピールっぽいポーズ画像
を背景上で合成しています。

振り返ってみて:
映像としては特に見るべき点は無いのですが、夢子のかわいらしい
モデルと、公式曲のモーションとの組み合わせが良かったのか
多くの方に見て頂いたようでありがたいことです。




付いたタグ:
 無し
製作期間:
 1日
ランキング:
 日刊アイマス初動ランキング(全自動) 10年3月2日 第16位

<スペック>  
 解像度:960x540(16:9)
 ビットレート:1.2Mbps(映像1072kbps/音声128kbps)
 圧縮形式:UT Codec RGB→H.264

<使用素材>
 (原曲)
  【ロリMEIKO】 Nostalogic (radio edit) 【オリジナル曲】
 (モーション)
  【MMD】うちのメイコさんが“Nostalogic”踊ってみた【咲音メイコ】
 (モデル)
  【MMD】貴音と貴音でごまえー(まくP)
 (ステージ)
  雪幻ステージ[万年寝不足-別館]
 (背景画像・エフェクト)
  モリモリソザイ

<使用ソフト>
 MikuMikuDance:ダンス部分映像書き出し
 NiVE:映像編集・エフェクト挿入・音声結合
 つんでれんこ:H.264形式コンバート

製作経緯:
2作も出したし今月はもういいかなという気分だったんですが、VPVP Wiki
を見ていたらこの"Nostalogic"のモーションが配布開始されていたので
配布元動画を見たらすっかり曲を気に入ってしまい、これは作りたいと
思い立って着手しました。

構成について:
細かく練ったわけではないですが。
今回はニコマスっぽい演出を意識して作ろうと思っていたので、なるべく
ステージは使わないようにしようというのが目標でした。
(とは言っても全体の半分近くはステージ使ってますが)

音を聞いた印象でシーンわけし、各背景と構図を決めて行ったんですが、
0;20からの部分は最後まで悩みました。
結果割と単調な感じになってしまっているのがちと残念。

MMD作業について:
ステージを使うシーンはちょっとカメラの動きをゆっくり目にして
います。カメラワーク自体はいつも通り。

その他の合成用のダンス部分では、カメラを正面固定してα出力
ばっかりしてます。
その際気付いたのが、パースペクティブをOFFにしてみると両足を
地面に着けているように見えて実は高さが違ったりということでした。
パースペクティブは遠近法視点の為、地面スレスレにカメラを持って
こない限りその点は気にならないんですが、今回は全身を映す場面
で非常に気になるので、地面との接地点は切るようにしています。
全身が映っている場面でヒールの下半分が切れているのはこういう
理由でした。

演出について:
今回はここがメインですのでちょっと細かく書いてみる。

①出だし
吐息に繋げる為に下から回転しつつせり上がる構図。
ノイズエフェクトもうちょっと強くしても良かったかも。

②タイトル表示部分
フォントってほんと重要ですね(ぉ
字を入れるのはデザイン的な意味で難しいなぁ

③イントロ
口開きっ放しになってるのは気付いてたんですけど放置
したのは失敗だった…
背景色は765プロの各アイドルさん達のイメージカラー
だったり。
貴音さんの服や肌の色が抜けているのはわざとです。
α変換を掛けました。

④メイン出だし
歌の方がちょっと変声機使ったような感じになっているので
映像の方でも背景をTVノイズにしてみた。
踊る貴音さんにはセピア色になってもらってます。
この場面、自分の中で今回一番お気に入りです。

⑤メイン中頃
声が元に戻ると同時に落ち着いた雰囲気にすべく、街角の煉瓦塀
の前で踊るイメージ。
技術的なチャレンジとしては、自分で意図的に"影"を付けている点
です。
MADPVで影付けは当たり前のように行われてますが、こういうこと
やってるんだという目から鱗ポロリな印象でした。

⑥サビ
ここはステージ使ってるのでいつも通りです。
歌では一番盛り上がる部分ですが、映像的には一番地味かもしれない?

⑦後奏
エフェクトバリバリというよりエフェクト自体を背景にしちゃってます。
エフェクト自体はシーンより再生時間短いので何度かリピートしてる
んですけど、繋ぎが失敗してあまり連続的になってないのが…
アップの場面はモーションとエフェクトの光の動きが微妙に合ってない
ように見えますが、特に合わせるような工夫はしてません(ォィ

⑧締め(兼サムネ)
貴音さんのイメージカラーであるえんじ色(赤紫っぽい)の単色背景
にして、全身見せただけだとちょっと見た目的に寂しいのでアップ映像
を透過率落として並べてみた。

振り返ってみて:
さすが一日で作っただけあって突っ込み所満載な感じの出来ですね!
当初の目標であった「ニコマスっぽい演出」にちょっと位は近づけた
かな…
コメでも演出面で割と評価頂いたようなので、方向性としてはまぁ
間違ってはいなかったのかなとほっとしています。



3作とも製作期間1日ずつと記載しましたが、これは特に時間制限を設けたわけではなく
H@ppy Toghther!!!と同じような感じで、勢いでガーッと作っちゃった結果です。
その分粗が目立つところは否めないので、動きや表情で明らかにおかしいと思えるような
箇所について見直すようにしていきたいです。

3月以降ですが、確実に作らなければならないものが1つありますので、それをメインの
作業としつつ月一目標で作っていければなぁと思っています。
category: 自作
TB: 0  |  COM: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。